東京で目頭切開をしてコンプレックスが解消されました

肌荒れを起こすようになり美容外科クリニックでの整形を決意

小さくて一重まぶたの目が悩みでアイテープやアイプチを使用肌荒れを起こすようになり美容外科クリニックでの整形を決意理想的な目元にすべく目頭切開をして人生が楽しめるように

こんな風に毎日二重まぶたを作っていたのですが、だんだん肌荒れを起こすようになりました。
おまけに毎日使い続けていたからなのか、不自然な線がつくようになってしまったんです。
このままアイプチやアイテープを使い続けて平気なのだろうか、心配になってきました。
それで私は美容外科クリニックで治療を受けることを真剣に考えるようになったんです。
最初のうちは、埋没法を受けることをずっと考えていました。
埋没法ではメスを使用することがありません。
細かい糸をまぶたに埋め込むだけですし、自然な二重まぶたを作ることができます。
しかも持続力があるので長くその状態をキープすることも可能です。

すっぴん目だけどちゃんと二重だよ私天然で可愛いのに更に可愛くなっちゃうなんて罪な女だなあ
目尻とグラマラスラインやって
蒙古襞そんなに酷いって訳じゃないし目頭切開は正直まよってるんだけど目と目の距離近い印象にならないなら目大きくするためにしたいってのはあるなぁっていう独り言たのしい pic.twitter.com/jzqueJaSIl

— 名前考え中 (@me_only_izumi_) April 23, 2020
値段が安いところも大きなメリットだと感じます。
ただ埋没法は、アイプチやアイテープを使った時と同じような状態になるだけです。
多少は目が大きくなるものの、ぱっちりした二重まぶたになるわけではありません。
私はお人形のようなぱっちりした二重まぶたに憧れていました。
せっかくプチ整形をするのであれば、思い切って目頭切開をしたほうがいいのではないかと考えていたんです。
ただ目頭切開ではメスを使用することになります。
名前の通り、目頭を切開しないといけないので本格的な整形です。
それなりに治療費もかかりますし、周囲の人から顔が変わったと思われるのではないかと不安になりました。