東京で目頭切開をしてコンプレックスが解消されました

小さくて一重まぶたの目が悩みでアイテープやアイプチを使用

小さくて一重まぶたの目が悩みでアイテープやアイプチを使用肌荒れを起こすようになり美容外科クリニックでの整形を決意理想的な目元にすべく目頭切開をして人生が楽しめるように

子供の頃からずっと目元にコンプレックスを感じていました。
日本では目が大きい人のほうが可愛いと言われることが多いです。
しかし私の場合、一重まぶたで目が小さいのでずっと悩んでいました。
目が大きくなれば、可愛くなれると思っていましたし、自分の目は小さいので可愛くないことが本当に嫌でした。
ある程度の年齢になった時、アイプチやアイテープが販売されるようになりました。
ひとまずそれらのアイテムを使用することにしたんです。
アイプチから使い始めたのですが、使いこなすことが結構難しかったです。
失敗すると汚くなってしまいますし、うまく二重まぶたにすることができません。

しかし上手に使うことができると、二重まぶたにすることができました。
二重まぶたになると、やっぱり目が少し大きくなります。
以前よりもコンプレックスが解消されたように感じました。
次にアイテープを使用してみたのですが、アイプチよりも明らかに使いやすかったです。
テープをまぶたに貼り付けるだけで、簡単に二重まぶたを作り出すことができます。
しかもアイプチのように失敗することがあまりありません。
もちろんうまくまぶたに貼り付けることができないこともあります。
その場合は新しいテープを使うだけでいいので、アイプチで失敗した時よりも負担が少ないです。